冷却塔の知識

こんにちは、わたし台湾人です。 わたしの日本語はあまり上手ではありません。どうぞよろしくお願 いします。

工業機械のカロリー計算とクーリングタワーの選択

この記事の評価: 5 / 5

星を有効星を有効星を有効星を有効星を有効
 

クーリングタワー(冷却塔)を設計しているとき、外的環境指標を考慮する必要がある、湿球温度と、循環水量と、入出水温度など(クーリングタワーとは?)。一般的なカロリー計算式による指導、お客様が工業機械カロリーの需求を簡単理解するのを助ける。

クーリングタワー計算, クーリングタワー選択, カロリー計算, クーリングタワー 設計, クーリングタワー メーカー

カロリーの簡単な計算式:

T1:機械の入口水温 (℃)
T2:機械の出口水温 (℃)
M:機械の循環水量 (litre/hr)
Q:機械のカロリー (kcal/h)
簡単な公式を利用する:Q=(T2-T1) x M、機械のカロリーを知る。


例:ある工場の設備は、1.水冷チラー 2. プラスチック成形機のシェルアンドチューブ式熱交換器

1.水冷チラーのカロリー

T1:入口水温は33℃
T2:出口水温は38℃
M:循環水量は6,000litter/hr
水冷チラーのカロリーは、Q = (38-33)*6000= 30,000 Kcal/h

2.プラスチック成形機のシェルアンドチューブ式熱交換器

T1:入口水温は33℃
T2:出口水温は38℃
M:循環水量は6,000litter/hr
シェルアンドチューブ式熱交換器は、Q = (38-33)*6,000= 18,000 Kcal/h

※ 総カロリーは、18,000+30,000= 48,000 Kcal/h クーリングタワーのおおよその選択基準。


してもいい、クーリングタワー メーカーに工業機械情報を提供する。そして、適切なクーリングタワーを選択します。弊社は30年の冷却システムを持って経験、台湾第1社の生産が密閉式クーリングタワー、たくさんのお客様に冷却問題を解決する。お問い合わせまたはLINE検索@jhtw、弊社は最も速くサービスを提供するでしょう、ありがとうございます!


晋恵台湾のウェブサイト

2020 © Copyright Jin-Hui Industrial Co., Ltd. All Rights Reserved.

Search